活動について | about our activity

軒先ブックマーケット「本まっち柏」とは

千葉県の北西部に位置し、
出店者編マンガ高度成長期に東京のベッドタウンとして発展した柏市。
高島屋、そごうなどの百貨店、
さらに巨大ショッピングモールの進出等により魅力を増した、
サッカーの柏レイソルのホームタウンでもある40万都市、柏。
隣接する我孫子市との境には一周18キロの手賀沼が控え、
水と緑にも恵まれたふるさと柏。

ことに柏駅周辺は、大小の個性的な店舗が建ち並び、
多くの人々が集い、賑わって、
プチ渋谷などと評されることもある。
その柏の街を舞台に、
本と人、人と人、人と街が出会う
そんなイベントを開催する。
それが、軒先ブックマーケット「本まっち柏」です。

大宅さん編まんがその日には、街の通りのあちこちの、
お店の軒先をお借りして、
幾多のちいさな古本屋さんが、出現します。
あなたは、マップを片手に、
のんびり陽射しを感じながらぶらぶらと街を歩き、
一店一店、こだわりの本たちを見てまわり、
ふと手にとった本を通して店主さんたちとの会話がはずみ、
思わぬ出会いに笑みがこぼれる。
ついでに、いままで知らなかった街の魅力も再発見‥‥。
そんな、本と人と街の一日イベントが、
軒先ブックマーケット「本まっち柏」なのです。
※本企画は、2005年より、東京/谷中・根津・千駄木で行われている「不忍ブックストリート一箱古本市」を参考にしています。

メディア掲載

地域情報サイトまいぷれに、本まっち柏についての記事を掲載して頂きました。
"一箱ブックマーケット「本まっち柏(p.1)」開催!―本と人・人と人・人と街が出会うブックイベントが柏に初登場"

東京新聞地方版 朝刊(2012年3月21日)に、本まっち柏についての記事を掲載して頂きました。
赤旗新聞地方版 朝刊(2012年4月20日)に、本まっち柏についての記事を掲載して頂きました。
朝日新聞地方版 朝刊(2012年5月2日)に、本まっち柏についての記事を掲載して頂きました。

地域情報サイトまいぷれに、本まっち柏についての記事を掲載して頂きました。
"「軒先ブックマーケット 本まっち柏 p.2」開催!― 本を通して、人と街がつながった一日"

本活倶楽部メンバー

※五十音順

行政翔平柏まちなかカレッジ / MAD City ガイド
奥山恵児童書専門店ハックルベリーブックス店主
小暮慶次柏自転車バカの会 メンバー 福祉用具プランナー
高橋和也 SUNNY BOY BOOKS
田口みちえ凹 -boko-
所英明ネット古書店『銀河望遠鏡』店主
中村和久我孫子市在住  stay foolish 代表 ツイッター
藤田優里子翻訳者 FACEBOOK
森脇菜採 フードコミュニケーター( Food Communication Stuio ちいさなとびら
山下洋輔教育コンサルタント( 山下洋輔事務所) / 柏まちなかカレッジ学長
山中健雄グラフィックデザイン / WEBデザイン / 画家
油原祐貴EDGE HAUS Inc. コイノミカシワ運営事務局